網膜硝子体手術|東岸和田駅より徒歩6分の眼科 - ハーブ岸和田眼科

〒596-0825 大阪府岸和田市土生町2-29-3
072-437-9000
電話での予約はこちら 072-437-9000
インスタグラム
ヘッダー画像

網膜硝子体手術

Medical

網膜硝子体手術|東岸和田駅より徒歩6分の眼科 - ハーブ岸和田眼科

網膜硝子体手術

網膜硝子体

硝子体とは、元来眼球の内腔をうめる透明なゼリー状の組織です。この組織は病気が起こると病気の進行に大きく関与していくことが究明されてきました。
硝子体手術の目的は、混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去することにあります。
手術によって、光軸部の混濁を除去し透明にすること、硝子体を切除し疾患が進行する場を除くこと、網膜への牽引を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

硝子体手術が必要な目の病気

糖尿病網膜症

網膜剥離

眼球の内張りでカメラのフィルムに相当する部位を網膜と言います。網膜に穴や裂目ができて、はがれてしまうことで見づらくなる疾患で、急いで手術が必要になります。
手術では眼内にガスを入れるため、手術のあとに姿勢の保持が必要になります。

網膜静脈閉塞症(黄斑浮腫)

硝子体手術を希望される方へ

当院の手術は日帰りとなっております。硝子体手術は予約制です。事前にお問い合わせください。

当院での日帰り硝子体手術

当院での日帰り硝子体手術

当院では、日帰りで硝子体手術を行っております。
手術の内容や術後視力は、患者様の病気やお身体の状態によってさまざまです。手術前に医師より説明させていただきますのでご安心してご相談ください。

  1. 硝子体手術は、白目に3か所、1㎜以下の穴をあけ、ポートと呼ばれる入り口を設置します。一つのポートには手術の間ずっと目の中に還流液を供給し続けるチューブを取り付けます。
  2. 残りの2つのポートからは眼内を照らす眼内照明と硝子体手術のための硝子体手術器具を挿入し眼内の手術を行います。